読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rainydays

雨の日に綴る写真ブログ

虹の向こう側へ

f:id:marialite:20170526234329j:plain

金曜日。今週もこってりぐったり搾り取られたと思いながら帰路につく。
今日も雨予報だったかな?とぽつぽつ降り始めた空を眺めつつ特急に乗った。
じめじめした車内。隣に座る見知らぬ人のスマホをいじる無神経な肘が自分の腕に当たってくるのにうんざりしつつ、窓の外を眺めると虹が見え始めていて、どんよりした気持ちが一気にワクワク感に変わった。
混み合った車内でほとんどの人が手の中のスマホに夢中で、車外で起きているイベントに気づいている人はいなさそうだ。「虹が出ているよ」と、さっきまでは鬱陶しかった隣の席の人に声をかけたくなるのをこらえる。
すぐに消えてしまうかと思っていたのに、消えるどころかますますはっきりとしてきて駅に着くとかなりの雨と、大きな虹。しかも二重に架かっている。こんなにきれいな半円状の虹を見たのは久しぶり。
人がほとんどいないホームの先まで行き、雨に濡れることも気にせず撮った。
改札を出て空が広く見える場所へ向かうと、歓声を上げながら同じ目的でスマホを掲げる人が多数。

No rain,No rainbow.

空からのプレミアムなご褒美をもらった気分だ。←うまく言ったつもりか(笑)。

雨粒エモーショナル

 

f:id:marialite:20170426211131j:plain

 

前回から自分が連投になっちゃうけどいっか。
他の参加者さんも雨が降ったら雨の日ブログのこと思い出してたまには何か書いてくれたらいいのにな。

iPhoneのトイカメラアプリHipstamaticの新しめのパックで撮影した夜の雨と牡丹。
右下に20年前の今日的な日付が入る。しかもフィルムカメラ風。
リアルな20年前の自分は物心が付く前だから、20年前の今日に何があったか思い出せないなぁ(笑)。
夜の牡丹は花が閉じて白い鳥たちが休んでいるように見えて、昼の咲き誇る姿と比べてまた違った趣きがある。ただし、周りが真っ暗なのでフラッシュがないと撮れなかったし、フラッシュを使ったからこそ、雨粒のキラキラ感が出た。
花びらがフレッシュに水をはじく姿に自分もフレッシュな気持ちになったりならなかったり。

桜とおっさん

f:id:marialite:20170411213722j:plain

待ちわびた桜は暖かくなったら一気に満開だ。
ただし今年は雨続き、曇天続きである。
そんな中で眺める桜も悪くはない。
慌ただしい朝の通勤時間で、少しだけ足を伸ばして近くの公園へ。
制限時間は移動を含めて10分。

傘をさしているので片手で持ったiPhoneでろくに考えもせず、雨でiPhoneをぬらさないようになんとなく桜の写真を撮った。
急いで撮ったので、あとからカメラロールを見直したらほとんどが手ブレかピンボケだった。


写真を撮るときに歩いていたおっさんのおかげでなんとなく味わい深い写真も撮れた気がする。
おかげで今年も雨の日ブログに桜の写真を載せることが出来た。ありがとう、おっさん。

道に傘が落ちていた。

f:id:marialite:20170331210351j:plain

 

今年も3月の終わりは寒く、冷たい雨が降り続く一日だった。
地元の桜は未だに開く様子がない。
近所のコンビニの入り口には「ここに傘を捨てないでください。カメラに映ります」と手書きの張り紙がされていた。強い風で壊れたビニール傘を捨てていく人が多いのだろう。カメラに映る、という牽制は果たして効くのだろうか。

そんな張り紙を見た数分後、通り道にまだ使えそうなビニール傘が落ちていた。
何かを濡らさないために置いてあったのだろうか。
道沿いを通る車のヘッドライトに照らされるたびにキラキラと光って綺麗だった。